The! 紀州犬 ブログ

The! 紀州犬 を紀ノ川荘からお送りします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い出の紀州犬 PART 7

にほんブログ村 犬ブログ 紀州犬へ
にほんブログ村


        soutenn2.jpg


    今回、ご紹介するのは、約30年前に見た、今までに見た


    迫力 NO.1の犬 蒼天号 です。


    父犬は、快号、 母犬は 恵号 です。


    紀伊田辺市の形見政男氏が成犬になってから、京都から連れてきたそうです。


    話によると、前の飼い主の鼻を食いちぎったと聞いています。


    事実かどうかは、疑問ですが、それ程、凶暴な犬だったそうです。


    それを、なぜか、形見氏には忠実でした。


    初めて蒼天号を坂本勝彦氏に見に連れて行ってもらった時、


    形見氏宅に着くと、坂本氏が 「 車から出るな  」と


    叫びました。 「 おい、犬舎を見ろ  」


    「 犬舎に蒼天がいない  」


   「 政やんは、すぐ蒼天を離すからな~  」


   とりあえず、坂本氏だけが、そ~っと様子を見に行くと、家の軒下に鎖で、繋がれていました。


   安心して、初めてその犬を見た時、ワンワンではなく、猛獣のような唸り声をあげ、


   繋がれていても、近くに寄る事はできませんでした。


   そこに形見氏が帰って来て、危ないので犬舎に入れてくれました。


        soutenn1.jpg


   その時の写真がこれです。


   一緒に行った旦那様の写真の師匠、高瀬氏が撮影した物です。


   それ程、恐ろしい蒼天号は、形見氏の伴侶のように、家の中では放し飼いで、

 
   以前、山本恵一氏が遊びに行った時、お風呂に入っていたそうで、


   「 入ってこいよ~ 」 と言われ、入っていくと、


   蒼天号が一緒に入っていて、驚いて、固まったそうです。(動いたら、咬まれる為)


   その後、蒼天号を交えて、すき焼きを食べたそうです。


   一緒に食べていてもウッ~!

   と蒼天号が唸ると、お肉を差し出さないといけなく、怖くて仕方がなかったそうです。


   けれど、形見氏が「 こら 」と言ったら、大人しくなったそうです。


   人里から離れた高台に一人でお住まいの形見氏は、1頭飼いのこの蒼天号を


   こよなく愛し、慈しみ、大切にされたそうです。


   直子には、葵太郎号、雪姫号、歩号、旦那様が飼っていた蒼海号など、


   数多くの名犬を輩出しました。


   蒼天号が亡くなった後、墓前で、毎日泣きながらお酒を飲んでいたそうです。


   そして、後を追うように、約1年後、形見氏も亡くなったそうです。


   この蒼天号の直子達は、90%人に来たそうです。


   その為、この犬の血の入った犬は、少ないと思われます。



   旦那様の飼っていた蒼海号も人を咬んで生後1年で、旦那様が引き取ったそうですが


   初めは触れなかったそうです。けれど、すぐに主人と認めてくれて、その後は、


   忠実に従ったそうです。


   これが、昔の紀州犬の良さで、親方は1人です。


にほんブログ村 犬ブログ 紀州犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

凄い! 

特性.一代一主他人に馴れず、、精悍、素朴、忠実な家庭犬、信頼出来る番犬、万能的猟犬!!家のボクちゃん・・・ダメだこりゃ(爆)
  • posted by いっちゃん 
  • URL 
  • 2012.08/25 19:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

The 紀州犬

Author:The 紀州犬
The!紀州犬のブログです。
よろしくおねがいします。
紀州犬の原産地和歌山からお届けするブログです。

最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。